RAGTIME ラグタイム

ABOUT

『レストラン』の語源は、フランス語で『回復させる場所』だそうです。
18世紀のフランスの一般的な外食は、大皿盛りの料理を大テーブルに並べ、
それを見ず知らずの客同士が取り分けながら食べるという衛生的とはいえない、ストレスを感じる形態であったようです。
当時パリでは急速な都市化によって、精神的にも肉体的にも体調を崩す人達が急増し、
そうした人達のために栄養価が高く、消化にも良い、健康を増進させるような料理を中心に、衛生的な環境で提供され、
さらに客ごとに個別のテーブルが用意されているような当時一般的ではなかった新しい業態が発生し、
これを『レストラン』と呼んで旧来の外食業態と区別したそうです。
こうして種々のストレスをなくして料理を食べることが、いかに快適かということを人々が知ることになり、
これが流行となって『レストラン』は体調を崩した人の外食の場としてだけではなく、
一般の人々の娯楽・社交の場として広く普及していったようです。
正に「当たり前」が覆った好例であり、約300年後にあたる現在の飲食店の原型と言えます。

豊かな食材や技術により生み出された、様々な美味しいものを迷うことなく食してきた私共は、概ね健康ではありますが、
細かな体調の変化を感じる年代にさしかかり、25年間常に食材と料理に向き合ってきた現在、
その時の自分が元気になれるもの(体が求めている物)こそが一番美味しい、という考えに至っております。
自分が食したものから自身の身体はつくられる、という「当たり前」を再認識し、
思い込み等を排除した上で様々な知見を活かして食材を選び、
「体がよろこぶ物」・「本当に美味しい物」を探し求めながらの料理を心がけております。

今の所行き着いておりますのは、化学調味料・添加物を使用せず、
メインには肥育期間30ヶ月以上のA5・雌の黒毛和牛、厳選した季節を彩る野菜、食感の違いも楽しめる配合のご飯(白米5:玄米1)、
愛らしく季節感のあるデザートで構成する「おまかせコース」を、
今はまだ一般的ではない完全予約制・完全貸切制にて提供させていただくということです。
これによりお客様に安心して2時間半専有の空間を愉しんでいただけるだけでなく、
私共も衛生的な店内を保持し、清潔でキメの細かいサービスを心がけ実践することが出来ます。

私共が自身の健康維持に努め、ラグタイムでお食事をされたお客様がご家庭や職場に元気になって戻られ、
社会の活力に繋がっていくような料理と時間を提供することこそが、この混沌とした世の中におけるラグタイムの使命と考えております。
(もしかしたら300年後には「当たり前」のビジネスモデルの原型になっているかもしれません!)

PAGETOP

RAGTIME(ラグタイム)
〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生3-12-10
営業時間 11:30〜22:00
TEL:044-954-0915 定休日:月曜・第3第4火曜 
※ご予約は二日前までにお電話でお願いいたします。