RAGTIME ラグタイム

INFORMATION

カテゴリー:未分類

2019.08.06

8月の茶話会

日時   8月17日 土曜日

     午前10時〜11時

 

息子が保育園時代にお世話になりました先生に、戦争中のご経験についてのお話しを

お聞きしたいと思います。

当時先生は小学生で、九州にいらっしゃったそうです。暑い盛りのこの時期。

我々も含め、戦争を知らない世代への語り継ぎは、誠に貴重な機会と存じます。

 

大人 500円
大学生まで 無料

希望される方は、8月11日までにお電話にてご連絡ください。

2019.07.01

季節を愉しむ茶の湯

7月の茶話会についてお知らせいたします。

日時    7月27日(土曜日)   午前10時〜11時
会費     300円(和菓子代)

 

店主娘がお出しするお茶を、季節の和菓子と共に愉しんでいただきます。
夏休み中でもありますので、小・中学生の方も大歓迎です。
参加ご希望の方は、お電話にてお申し込みください。

25日締切とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

2019.06.22

実山椒の塩漬け

長らくお待たせいたしておりました、今年の実山椒の塩漬けが出来上がりました。

今年は例年に比べ、実になり始める時期が遅く、収量も少なめではありましたが、

ピリッとした爽やかさは例年通りです。

季節の恵みをお愉しみください。

2019.05.01

令和のはじまりに

30年前の4月に初めて出逢った方達が、4月最後の日の昨日、店にお食事に来て

くださいました。

30年の間に折にふれてお会いする機会もありましたので、昨日もいつものように

愉しいひと時の後お見送りさせていただきました。

元号が正に変わろうとしていた夜中の0時近くになって、その方達と出逢った30年前は、

『平成の始まりの年』であったことにはたと気づきました。自分は日々に忙殺され、

そんな大切で当たり前な事に意識が薄れていたのですが、その方達はきっとそのことを

ちゃんと認識して、随分前から『平成最後の日』を予約してくださっていたのかもしれ

ないと思うと、胸が熱くなりました。

生きていて店を続けてきて良かったと心から思えた瞬間でした。

 

様々な事情で、今はお会い出来ずにいる方達とも、いつかきっと再会出来ますことを

信じて、令和の時代も歩み続けてまいります。

 

 

第一回目の茶話会につきまして、お知らせさせていただきます。

・日時   6月 1日(土)

・時間   午前10時〜11時

・定員   10名様 お電話にてご予約を承ります。

・会費   大人   500円  高校生まで   300円

 

様々な世代の方に参加していただけますように、毎回テーマを考えてまいります。

第一回目は、僭越ながら店主が『開業と選択』というテーマでお話しさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

2017.09.01

玉葱とじゃがいも

ラグタイムでは、お客様にお召し上がりいただく野菜に、お肉と同じくらいに力を注いでおります。

サラダやスープも勿論ですが、お肉を召し上がっていただく際に本当に相性の良い野菜の王様は、何と言っても付け合わせにしております玉葱とじゃがいもではないかと思います。そしてこの時期、玉葱とじゃがいもが最も美味しいと感じる季節を迎えてきます。

 

2015年の5月にも述べました『新もの』が終わり、玉葱は6月下旬から淡路の『晩生』が出回り始め、お盆過ぎには王者北海道の『ひねもの』が出始めます。じゃがいもは5月下旬から静岡の三方原の『男爵』が出回り始め、8月に入ると、こちらもやはり王者北海道の『ひねもの』の『男爵』が出始めます。中でも今金町の『男爵』は特に秀逸で、手に入る時には、ラグタイムでは必ず今金町産を指定して仕入れます。山岳地帯であるため水質が良く、寒暖の差も大きいので昔から質の良いじゃがいもの生産地でしたが、他の北海道の生産地に比較し、山岳地帯ゆえに重機を使った大規模農業がやり難く、スケールメリットに欠けるのが悩みの種だったそうです。そこで収穫後にコストをかけて風に当て、余計な水分を飛ばして旨味やデンプンの含有比率を高くしたり、生産者同士で品質チェックを行い、質のよくない物を除外するシステムを構築したりして高品質化を徹底的に図り、今日のステイタスを獲得したそうです。弱点をみごとに逆手に取って成功した事例です。

 

これを聞いて思い出されるのがシャンパーニュやシャブリのワインです。

パリ近郊のワイン産地であったため、かつては特に努力や工夫をしないでも飛ぶように売れていましたが、鉄道や道路が整備されるにつれ、ローヌやラングドックといった南部地方の、安価で品質の良いワインにパリ市民の需要は流れていったそうです。危機感を抱いたシャンパーニュやシャブリの生産者達は、差別化を図り、高品質路線に特化し、今日のステイタスを築きこの危機を乗り切ったと言われています。

 

夫婦二人で住宅地の片隅で営むラグタイムも、今金やシャンパーニュ・シャブリの理念を見習い、小規模家族経営・この立地条件を生かした、よりよい店創りに励んでまいりたいと思っております。

 

来年の春にかけ少しずつ水分を失いながら、旨味を増していく北海道の玉葱とじゃがいもの味わいを、お肉と共にお愉しみ下さいませ。

 

 

2017.07.01

醤油

ラグタイムでは、ステーキの醤油を二種類ご用意しております。

 

まず極上和牛用。以前は、脂も旨味も強い肉の味に負けないような強い醤油を求め、松本の『再仕込み、甘露醤油』を取り寄せて使っておりました。今は少し考えが変わり、肉の脂も旨味も際立たせるために自家製の赤ワイン醤油を使用しております。ハウスワインと、そのひとつ上のキュヴェをオンリストしております、チリの名門ワイナリー『エラスリス』の日常キュヴェの赤ワインを煮切り、これに遺伝子組換えでない丸大豆100%でつくられた、愛知県のメーカーの丸大豆醤油を加えております。赤ワインと牛肉のステーキの相性の良さは味だけではなく、栄養学の観点からも周知の事実ですが、煮切ってありますのでアルコールを召し上がらない方にもこの相性を楽しんでいただくことができますし、赤ワインを召し上がる方には、その繋ぎ役として、お互いをより高め合えるように活躍してくれます。

 

次に特撰和牛用。こちらも自家製の、牛の背脂玉葱醤油です。まず煮溶かした背脂で玉葱を一時間炒め、日本酒を加えて煮切り、先の丸大豆醤油を入れて調味しております。特撰和牛はもも肉ですので特有の優しい甘味を持ちますが、極上和牛に比べると脂も味もあっさりとしているので、旨味と脂を附加するのが狙いです。同じくもも肉を使用しておりますローストビーフも、この醤油を温めてソースとしております。

 

これらの醤油に加え、塩胡椒や、ご好評いただいております『山椒の塩漬け』(今年のものが浸け上がりました)と共に、和牛の味わいをお愉しみ下さい。

PAGETOP

RAGTIME(ラグタイム)
〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生3-12-10
営業時間 11:30〜14:00 17:00〜22:00
お昼は12:30、夜は19:00までのご入店をお願いいたします。
TEL:044-954-0915 定休日:月曜・第3第4火曜 ※ご予約は前日までにお電話でお願いいたします。