RAGTIME ラグタイム

INFORMATION

カテゴリー:未分類

2020.04.01

フライパンすき焼き

家族でゆっくり食卓を囲む時間というものは、普段ですと有りそうでなかなか無いものです。
準備や片付けも含め、食事を共有することは古代から続く家族の原点であり、現代人が忘れかけている、

本当に素晴らしい時間だと思います。

そこで今回は、ご家庭で手軽にできる『フライパンすき焼き』のご提案です。

黒毛和牛のサーロインを使えば美味しいこと請け合いですが、いわゆる『すき焼き用』でなく、輸入牛でも、切り落としでも、幾分脂がのっていれば、濃い味付けですのでそれぞれ楽しめるものだと思います。

下記分量や味付けはご家庭に応じて適宜ご調整ください。

 

(1)まず、割り下を準備します。

 

しょうゆ   100cc
砂糖     50g
水      100cc
みりん    125cc
酒      125cc
赤ワイン   100cc

 

これらすべてを鍋に入れ、一煮立ちさせ、冷ましておきます。

 

牛肉   1キロ

長ねぎ  5本

えのき  1パック

しいたけ 1パック

しらたき 2パック

焼き豆腐 1丁

春菊   1束

 

(2)次に、牛肉は室温に戻したものを脂を敷かずに熱したフライパンに入れ、焼いていきます。
この際、肉に火を入れるのが目的ではなく、肉に香ばしさをつけ、余分な脂分を切るためですので、本当に短時間で結構です。いい香りがしたら即、肉を一旦ざるなどに取り出します。

 

(3)肉だけでなくフライパンにもいい香りがついていますので、そこに斜め切りにした長ねぎを投入し、焼き目をつけながら肉の旨味と香ばしい香りを纏わせてながら焼いていきます。煮るだけでなく、焼くことで信じられなくらい長ねぎは美味しくなります。よりよく香りを出すために、テフロン加工のものよりも鉄製のフライパンをおすすめします。

 

(4)長ねぎに焼き目がついたら一旦火を止め、長ねぎをはじに寄せ、牛肉を戻し入れ、えのき、しいたけ、一度茹でこぼしたしらたき、水切りをした焼き豆腐を8等分くらいに切ったものを綺麗に並べ入れ、先の割り下を注ぎ入れ、中火で煮ていきます。

 

(5)全体が割り下の色に染まってきたら、食卓に卓上コンロを用意し、こちらに移動してから、綺麗な青みを出すため、最後に刻んだ春菊を投入し、さらにぐつぐつと煮進め、出来上がりです。

お好みで解き生卵や唐辛子を付けながら召し上がって下さい。
『よく煮えていて、美味しいね!』とか『もう少し味が染みた方がいいね』とか『煮詰まってきたから少し薄めた方がよくない?』などと議論しながら食べ進め、中身が少なくなってきたら、煮汁に茹でた饂飩などを投入して締めるのも楽しいものです。キャンプなど屋外でも愉しんでいただけることと思います。

 

このコロナ禍を天から与えられた時間と捉え、家族揃っての食事を愉しんだり、「当たり前」と思っていたことを見直す絶好の機会として、自分が出来る事、やるべき事を見極めてまいりたいと思います。

数多くの産物を残して、混沌とした時の流れが一刻も早く収束していきますように。

2020.03.04

3月の茶話会延期のお知らせ

講師をしてくださる方との熟慮の結果、3月の茶話会は延期とさせていただくことにいたします。

2020.03.01

料理の時間

マスクがなかなか手に入リ難い状況の昨今、ネットで「ハンカチマスク」の作り方を見つけました。
元気だけれど手に入り難いのであれば、それに代わるものを手作りする、という工夫に敬意を表すると共に、何かとても心温まる思いがいたしました。
時間に追われている日々ではなかなか取り組むことの出来ない料理も、学校が休校となり、お子さん達が家にいる時間が長くなれば、勉強や読書の合間にじっくり時間をかけられる機会ではないかと考え、普段でしたら日の目を見ない脇役にスポットを当て、包丁と火が扱えれば、誰にでも出来る二つのレシピをご紹介いたします。

 

⚪︎ソテーオニオン
・鍋でニンニク少々と玉ねぎのスライスとバターを中火で炒めます。
・焦げる直前に超弱火にして30分程じっくり炒めます。
・日本酒を振り、更に超弱火でアメ色になる迄30分程炒め、火を止めてから醤油で味を

 整えれば出来上がりです。

 

⚪︎ステ-キ丼のタレ
・みじん切りにした玉ねぎを、牛脂で30分程炒めます。
・玉ねぎと同量ほどの酒を入れ、煮切ってから酒の倍量ほどの醤油を加え、ひと煮立ち

 すれば出来上がりです。

 

ラグタイムで創業当初からお出ししておりますステ-キ丼と言えば、ステ-キが勿論主役ではありますが、シンプルな食材と工程のこの二つは、ステ-キとご飯の全体の調和を司る、絶対的な縁の下の力持ち的存在です。
店では温かいご飯にソテーオニオンを敷いてステーキを載せ、タレをかけてから青葱と海苔を添えて召し上がっていただいておりますが、お好みの食材でもオリジナルの組み合わせをお愉しみいただけます。
尚、タレの玉ねぎを炒める際、ラグタイムでは牛脂を使用していますが、お好みの油でかまいません。
(ソテーオニオンの場合も同様です。)

 
料理をするひと時が、愉しい時間となりますように。

2020.01.14

2月の茶話会

「ハワイアン・ミュージックと共に♪」

 

2020年最初の茶話会は、ランチタイムにお食事をしていただきながら、ハワイアン・ミュージックバンド

「ワイキキ・ドリーマーズ」の演奏をお愉しみいただきます。

 

  日時 2月2日(日) 12時半頃から40分ほど

 

 ※今回はお食事のご予約のみ承ります。

2019.10.30

11月の茶話会

ハーバリウムボールペン作り
※ハーバリウムとは?
「植物標本」を表す言葉で、特殊な液体の中に植物を閉じ込めて、
瑞々しい状態で長く保存出来ます。
自分だけのオリジナルボールペンが作れます。プレゼントにも。
 
・日時  11月24日(日)
午前10時〜11時
・参加費 1800円
製作費、お茶代を含む
・持ち物 特にありません
 
お申し込みはお電話にて承ります。
小さなお子様とも一緒に製作できます。
 
講師 西田正美さん
フラワーサロン インカローズ主宰
http://preflaincarose.com

2019.08.06

8月の茶話会

日時   8月17日 土曜日

     午前10時〜11時

 

息子が保育園時代にお世話になりました先生に、戦争中のご経験についてのお話しを

お聞きしたいと思います。

当時先生は小学生で、九州にいらっしゃったそうです。暑い盛りのこの時期。

我々も含め、戦争を知らない世代への語り継ぎは、誠に貴重な機会と存じます。

 

大人 500円
大学生まで 無料

希望される方は、8月11日までにお電話にてご連絡ください。

2019.07.01

季節を愉しむ茶の湯

7月の茶話会についてお知らせいたします。

日時    7月27日(土曜日)   午前10時〜11時
会費     300円(和菓子代)

 

店主娘がお出しするお茶を、季節の和菓子と共に愉しんでいただきます。
夏休み中でもありますので、小・中学生の方も大歓迎です。
参加ご希望の方は、お電話にてお申し込みください。

25日締切とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

2019.06.22

実山椒の塩漬け

長らくお待たせいたしておりました、今年の実山椒の塩漬けが出来上がりました。

今年は例年に比べ、実になり始める時期が遅く、収量も少なめではありましたが、

ピリッとした爽やかさは例年通りです。

季節の恵みをお愉しみください。

2019.05.01

令和のはじまりに

30年前の4月に初めて出逢った方達が、4月最後の日の昨日、店にお食事に来て

くださいました。

30年の間に折にふれてお会いする機会もありましたので、昨日もいつものように

愉しいひと時の後お見送りさせていただきました。

元号が正に変わろうとしていた夜中の0時近くになって、その方達と出逢った30年前は、

『平成の始まりの年』であったことにはたと気づきました。自分は日々に忙殺され、

そんな大切で当たり前な事に意識が薄れていたのですが、その方達はきっとそのことを

ちゃんと認識して、随分前から『平成最後の日』を予約してくださっていたのかもしれ

ないと思うと、胸が熱くなりました。

生きていて店を続けてきて良かったと心から思えた瞬間でした。

 

様々な事情で、今はお会い出来ずにいる方達とも、いつかきっと再会出来ますことを

信じて、令和の時代も歩み続けてまいります。

 

 

第一回目の茶話会につきまして、お知らせさせていただきます。

・日時   6月 1日(土)

・時間   午前10時〜11時

・定員   10名様 お電話にてご予約を承ります。

・会費   大人   500円  高校生まで   300円

 

様々な世代の方に参加していただけますように、毎回テーマを考えてまいります。

第一回目は、僭越ながら店主が『開業と選択』というテーマでお話しさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

2017.09.01

玉葱とじゃがいも

ラグタイムでは、お客様にお召し上がりいただく野菜に、お肉と同じくらいに力を注いでおります。

サラダやスープも勿論ですが、お肉を召し上がっていただく際に本当に相性の良い野菜の王様は、何と言っても付け合わせにしております玉葱とじゃがいもではないかと思います。そしてこの時期、玉葱とじゃがいもが最も美味しいと感じる季節を迎えてきます。

 

2015年の5月にも述べました『新もの』が終わり、玉葱は6月下旬から淡路の『晩生』が出回り始め、お盆過ぎには王者北海道の『ひねもの』が出始めます。じゃがいもは5月下旬から静岡の三方原の『男爵』が出回り始め、8月に入ると、こちらもやはり王者北海道の『ひねもの』の『男爵』が出始めます。中でも今金町の『男爵』は特に秀逸で、手に入る時には、ラグタイムでは必ず今金町産を指定して仕入れます。山岳地帯であるため水質が良く、寒暖の差も大きいので昔から質の良いじゃがいもの生産地でしたが、他の北海道の生産地に比較し、山岳地帯ゆえに重機を使った大規模農業がやり難く、スケールメリットに欠けるのが悩みの種だったそうです。そこで収穫後にコストをかけて風に当て、余計な水分を飛ばして旨味やデンプンの含有比率を高くしたり、生産者同士で品質チェックを行い、質のよくない物を除外するシステムを構築したりして高品質化を徹底的に図り、今日のステイタスを獲得したそうです。弱点をみごとに逆手に取って成功した事例です。

 

これを聞いて思い出されるのがシャンパーニュやシャブリのワインです。

パリ近郊のワイン産地であったため、かつては特に努力や工夫をしないでも飛ぶように売れていましたが、鉄道や道路が整備されるにつれ、ローヌやラングドックといった南部地方の、安価で品質の良いワインにパリ市民の需要は流れていったそうです。危機感を抱いたシャンパーニュやシャブリの生産者達は、差別化を図り、高品質路線に特化し、今日のステイタスを築きこの危機を乗り切ったと言われています。

 

夫婦二人で住宅地の片隅で営むラグタイムも、今金やシャンパーニュ・シャブリの理念を見習い、小規模家族経営・この立地条件を生かした、よりよい店創りに励んでまいりたいと思っております。

 

来年の春にかけ少しずつ水分を失いながら、旨味を増していく北海道の玉葱とじゃがいもの味わいを、お肉と共にお愉しみ下さいませ。

 

 

1 / 212

PAGETOP

RAGTIME(ラグタイム)
〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生3-12-10
営業時間 11:30〜22:00
TEL:044-954-0915 定休日:月曜・第3第4火曜 
※ご予約は二日前までにお電話でお願いいたします。