RAGTIME ラグタイム

INFORMATION

2020.09.01

モロヘイヤとオクラのスープ

暑さの厳しい8月でした。
7月の日照不足、低温とのギャップや、感染予防のマスク着用もあったので、尚のこと堪えました。

 

夏バテぎみの方も多いかと存じますが、こんな時に是非オススメしたいのが
『モロヘイヤとオクラのスープ』です。
ラグタイムでは夏の後半から秋にかけての定番メニューです。

ネバネバの野菜から滲み出た適度なとろみは喉ごしをよくし、食欲を促しますので、夏バテの回復効果が

期待できます。この成分は、もともと体内に存在している『ムチン』という物質にも通じると言われています。この『ムチン』が体内で最も多く存在しているのは胃の粘膜だそうです。食物を溶かしてしまうほど

強烈な胃酸から胃が守られるのは、『ムチン』が粘膜を覆ってくれているからだそうです。
鼻等呼吸器の粘膜も保護し、ウィルスの感染も軽減すると言われるこの成分は、広い意味ではコロナ対策にも通ずるのではないでしょうか。

 

 

1、お好みの油に大蒜のみじん切りを入れ、弱火で炒め香りを移します。
2、玉葱、人参、セロリ、長葱、じゃがいも、トマトなどを1センチ角ほどに刻み加えます。
3、蓋をして、中弱火にして軽く蒸し煮にします。
4、お好みのスープを投入し15分ほど煮立て、塩胡椒、醤油などで味を決めます。
5、煮えばなに刻んだオクラとちぎったモロヘイヤを投入し、再沸騰直前に火を止め大急ぎで器に盛って供します。

 

ラグタイムでは化学調味料は一切使わずに、油の替わりにだしも兼用で脂や筋の強い部位の自前の挽肉を使用し、ローズマリー、ベイリーフ、オレガノ、パセリの軸等のハーブで臭みを消しています。
このままスープとしてもいただけますが、肉類や魚介などを加えて主菜にもなりますし、上記4、までの工程は全て省いて味噌汁にするのも一考かと存じます。味付けや具材など、かなり広範囲で相性が良いと思いますが、いずれの場合も5、の加熱は可能な限り『短時間』、というのがポイントです。その方が青みも映えます。

冷たい飲み物やエアコンで冷えた胃を温め、美肌効果も期待できる一杯、是非お試しください!

PAGETOP

RAGTIME(ラグタイム)
〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生3-12-10
営業時間 11:30〜22:00
TEL:044-954-0915 定休日:月曜・第3第4火曜 
※ご予約は二日前までにお電話でお願いいたします。