RAGTIME ラグタイム

INFORMATION

2018.03.01

セット

あるトップアスリートの手記の中に、穀類を、かまどにくべる薪に例えている文章がありました。朝や昼、練習前や試合前は、かまどにたくさんの薪をくべて燃焼させる必要があるが、終わった後、火を落としたかまどに薪をくべても燃え残るだけだと。また一日の終わりにはあちこちダメージを受けた身体(筋肉や内臓や皮膚など)を、蛋白質を摂取することでリペアするべきだと。

 

この話には非常に合理性を感じ、その時から、夕飯時に主食(穀類/炭水化物/糖質)をなるべく食べないように心掛けております。(時折食べてしまいますし、朝昼はしっかり食べております。)

ご飯が大好きなので、はじめのうちはちょっと辛かったんですが、職業柄夕飯の時間も遅いですし、アルコールも大好き。また父も祖父も糖尿病だったので我慢して続けてみました。慣れると快適で、体重も減り、お腹周りもスッキリして、何より体調全般が格段に良くなり(特に睡眠の質が向上したように思います。)本当に快適な毎日が送れています。

 

人間を含む霊長類としての歴史は6000万年と言われており、その中で穀類の摂取の歴史は古くても約1万年、広く一般の人が日常的に食べられるようになったのはもっと最近になってからのことです。それまで狩猟で得た獣肉や魚、あるいは草花や木の実を食べて生活していた時期が長いので、人間の身体は進化の過程において、穀類の消化、代謝にまだ慣れていないという話も聞いたことがあります。しかしながら大変美味で、かつ保存がきき、天候不順や狩猟のできない時にも飢えずにすむ優れものですし、即効性の非常に高いエネルギー源であるため、人間の身体の進化よりも速いスピードで普及が進み、今日に至っているものと思われます。

 

そこで今の自分がラグタイムでディナーを食べるとしたら、こんなふうに食べるのもありかと思い、昨年メニュー改定の際に作ったのが、サラダとスープとお肉のみでシンプルに構成する『セット』です。

もちろん人類の叡智ともいうべき穀類を食べることを否定するつもりはありませんし、全て揃っていてバランスのとれたコースがラグタイムとしても一押しではありますが、このようなスタイルがあってもいいのでは?という一つのご提案です。またお肉の増量をしていただいたり、前菜やお食事・デザート・コーヒーなど必要なものを必要な数だけ追加することもできますので、予約時にカスタマイズできるのもセットの利点です。単品単価はコース、セット共に同じに設定しております。初めての店では、ヴォリュームや内容がイメージしづらいのでコースを注文するのが無難かもしれません。しかし二回目以降のご来店の際は、営業日誌にて全ての記録を保存してありますので、一回目の記録を元にご予約時にご相談させていただきながら、よりご要望に沿ったスタイルでお食事を愉しんでいただけるのではないかと考えております。(まだまだAIには負けていられません!)これも先月書かせていただきました完全予約制の利点かと存じますので、お申し付けくだされば幸いです。

PAGETOP

RAGTIME(ラグタイム)
〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生3-12-10
営業時間 11:30〜14:00 17:00〜22:00
お昼は12:30、夜は19:00までのご入店をお願いいたします。
TEL:044-954-0915 定休日:月曜・第3第4火曜 ※ご予約は前日までにお電話でお願いいたします。